<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

俺たちに明日は あったりなかったり


f0156951_0273433.jpg



f0156951_0275870.jpg



f0156951_0281660.jpg



f0156951_0292435.jpg


8月中旬、ブブさんの私塾の合宿があったので、参加作家さんの 近江八幡にあるお家に
泊まりにいきました。

泊まりというか朝の5時近くまで それぞれ各作家の「制作」や「作品」の話を聞いて
意見交換。

ボクは22歳で子供ができて、まわりに「作家活動を辞めるんだね」と
何人かの人に言われたときの違和感や(活動を続けること=無責任とも言われた・・)

「制作」と「育児」を分けて考えていた時期 - 子供といる時間を割かないと制作ができない
(子供といる時間は長い人生の中で、かけがえのないものであるにも関わらず)
ので常にイライラして 結局、育児も制作もなかなか上手くいかなかった事など
自分の経験に即して、自分のファイルや詩集、論文集 等を使って発表しました。

他の参加者の話も聞いていて、作品うんぬんよりも(作品は結果でしかないので)
まわりの理解や不理解、自分の置かれている状況を素直に引き受け、
それに対して いかに自分なりに工夫していくかという事が中心的話題でした。

つまり、
作品をつくる前に、まず生活をつくらなくてはならない。
まず生活の言葉を獲得しなければならない。
そこからしか作品の言葉(アイディアやボキャブラリー)は生まれない。




f0156951_0283549.jpg


数日後、一緒に合宿に参加した作家Mさんが
京都のアトリエ劇研で「カウパー団」名義の発表があり、
ボクは声の出演で少し参加させてもらってたので、いそいそと観に行きました。

噂は随分前から聞いていたんやけど、劇研 自体 訪れたのは今回初めて。
それほど広くはないものの、立派な空間で驚きました。

そして、「カウパー団」圧倒的でした。
Mさんとボクは 多分 思考回路が似ているからか、やろうとしていること、
ヴィジョンがビシバシ伝わり、思わず泣いちゃいました。

混沌を混沌のまま提示する。
観客の理解も不理解も受け入れる。
世界=私=作品。
その=(等号)を成り立たせるための、日常生活でのギリギリさ加減。
その危うさ。でも笑いながら泣きながら生きていくこと。

勇気づけられました。
[PR]
by taishi_tomi | 2009-08-31 01:51 | 日々 day by day

Im Sommer



f0156951_1812083.jpg





f0156951_1814099.jpg





f0156951_182029.jpg





f0156951_1821954.jpg






f0156951_1823824.jpg





f0156951_182567.jpg

[PR]
by taishi_tomi | 2009-08-18 18:04 | 風景 elements of style

ふたたび やまと へ


f0156951_219490.jpg


久々の家族旅行。奈良。
去年、Yちゃんと一緒に行った奈良旅行が本当に素晴らしかったので
ほぼ同じところを反芻するように訪れました。


f0156951_2241263.jpg

↑東大寺にて。
大きな丸太一本分くらいありそうなヒダヒダ。フェティッシュ。
娘は大仏初体験。
ただ、デカイというだけで、もう信仰の本気度具合がわかる。
後ろの光背の部分とか ディテールの部分の処理をちゃんと観察するのは初めて。
途轍もない時間をかけていることに改めて気付きました。



f0156951_2244374.jpg


f0156951_225894.jpg


f0156951_2254345.jpg


f0156951_226428.jpg


↑石上(いそのかみ)神宮。
静かで気持ちいい。
前回もやけど、大神(おおみわ)神社との記憶がゴッチャになっている。
特に似ている訳ではないんやけど・・。



f0156951_2262276.jpg


奈良市内から2時間の 宿泊した天川村のペンションから。
ここもとても静か。赤ちゃんも何故かそれほど うるさくせずに静かな夜。

天川村から更に2時間南下した、ほとんど和歌山県にある
「玉置神社」という神社に行きたかったんやけど、
赤ちゃんがいるので山道は危険と判断、今回は断念。

「玉置神社(=国之常立神)」は
前回訪れた「高天原(=天之常立神)」に対応する
国土、大地を象徴するエネルギーを奉っている場所。らしい。
こないだ文化人類学の研究者の方とお話してて、
玉置はスサノオにも関係のある場所らしい。
次回は是非。



f0156951_2264723.jpg


f0156951_227986.jpg


f0156951_2273886.jpg


f0156951_2282612.jpg


↑三輪山の大神神社の参道と狭井神社
この場所は本当に素晴らしい。

奥が深そうなので、ハマり過ぎには注意やけど、
平田篤胤や折口信夫の読書体験のように、
神話や土着の民話から この国の成り立ちを考えると非常に面白い。
と、再確認できた 良い機会でした。
[PR]
by taishi_tomi | 2009-08-11 03:37 | 奈良 Yamato

I love water view




f0156951_0433559.jpg







f0156951_0435247.jpg







f0156951_0441241.jpg







f0156951_0442989.jpg









f0156951_0445298.jpg









f0156951_0452445.jpg







f0156951_0461148.jpg

[PR]
by taishi_tomi | 2009-08-03 00:52 | 風景 elements of style