<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Scandinavian Sensibility

f0156951_1551123.jpg



兵庫県立美術館で「ムンク展」がやっていたので、行ってきました。
恥ずかしながら、ムンクは代表作くらいしかあまり知らなくて、
ナマ絵も観た記憶がほとんどなかったんやけど、
今回、ナマ絵に接して、その迫力というか、やるせなさに胸を抉られてしまいました。

もう、最初の3枚くらいを観ただけで、お腹いっぱいに・・。
ていうか、オレ泣いてる?
そう、泣いてしまいました。
ムンクのやりたいことは非常によくわかるし、絶対的に共感できるんやけど、
こんな シンドイめ にあって、よく日常生活を送れたなー・・って。
・・・。

この展覧会でクローズアップされていた「装飾」というタームも、
絵画にとっては非常に根源的なものやし、
描かれている内容も、根源的なもの。
今、こんな画家がいたら、滅茶苦茶ラディカルやろなー、と思いました。



別に、ムンクに合わせた訳じゃないやろけど、
ノルウェーから、友人でフォトグラファーのアイナー・ハンセン
ウチに泊まりにきてくれました。
素晴らしい出来の写真集を携えて。

せっかくやから、ウチの近所の二条城(観光地!)をブラブラし、
お香屋さんでお香に詳しいドイツ人を尻目にいろいろ物色しつつ、
饅頭を買い食い、うどんをすすり、トランスポップギャラリーへ。

ギャラリーでは、Kim Hiorthøyの日本限定版の画集、Tシャツに目を輝かせたアイナー、
・・さっそく購入後、一緒に"ゆうげ" というお店で晩餐を。
f0156951_211572.jpg

kim Hiorthøyはボクも大好きなので、kimについて、スカンディナビア的感性のようなもの
とセンチメンタルで粘着質な日本的感性について、色々喋りました。

軽く呑んで、帰り、おもむろに「シンペンセイリ、シンペンセイリー」と
歌い出すので、「何それ?」とボクが訊ねると、
「結婚する前、シンペンセイリしたか?」と言われ、

「身辺整理!?・・ああ、し、したよ・・もももちろん、」
たまさかノルウェーから来た人から「結婚前に身辺整理したか?」
って日本語で聞かれるなんて・・。
まったくの想定外でした(笑)。
ちなみに「身辺整理〜」と歌っているインディーズのロックがいるらしく、
それで知ったらしい。
マニアックすぎるわ(笑)。ホント。

帰宅後、仲良く近くの銭湯へ一緒に行き、
寝るまでサブカルや音楽、写真の話のラリー。
エレクトロニカ、フォーキー、ヒップホップ(アンチコン!!!)、
畠山直哉、シンペンセイリ、ゴールデンエッグス・・(笑)

ボク達は年齢も殆ど一緒なので、聴いているもの、見ているものが
かなり似ているので、話が非常に盛り上がりました。
[PR]
by taishi_tomi | 2008-03-30 02:38 | 日々 day by day

蚕の社から松尾大社まで

世界各地を巡礼されている、
Yちゃんが京都にいらっしゃってたので、
京都の神社を一緒に参りました。

Yちゃんとお会いするのは、彼が演出した演劇を5年前に観た事があって、それ以来。
ちゃんとお話するのは初めて。
霊界の話をしていただいたりして、ボクは霊感は全くないんやけど(たまに魑魅魍魎を
みるけど・・エゼキエルの幻視!!! ピーッ・ギャーッ!!!)、
横尾忠則的 コンテキストが大好きなボクには
単純に面白い話が聞けました。

神社の参拝の仕方も教えてもらったりして。

〜参拝の仕方〜
1 お賽銭を用意。お賽銭にもレートがあるらしく(笑)、
 今年2008年は181円、無い場合は500円を本堂に。
 (本堂以外の賽銭は10円とか5円とかの余った小銭でイイらしい)
2 お賽銭を額にあて、住所、名前、年齢(数え)を言って、
 お賽銭に3回息を吹きかける。そして、お賽銭を投げるのではなく、
 そっと置くように賽銭箱に入れる。
3 2回お辞儀をする。1回目は普段 自分を見守ってくださっている存在(先祖?)に。
 2回目は神社にいる神様に。
4 パンパンと手を打って合わせる。なるべく手と手のスキマを開けないように。
5 願い事や誓いを言ったら、手を放して、願い事が天に舞い昇るよう、
 掌を上に。
6 お辞儀をする。あざっす。


もっと細かいディテールも教えてもらったんやけど、大体こんな手順でした。
ボクが今住んでいる近所に神社があるんやけど、年配の方の参拝を観察すると
確かに上の方法で参拝している、そういえば。

・・タイシ君、太秦(うずまさ)の方の神社に行こう、という事になり、
まずは、木嶋坐天照御魂神社(蚕の社(かいこのやしろ))へ。
f0156951_22411656.jpg

f0156951_22422349.jpg

Yちゃんもボクも第一声が「スゴイっ!!!」
なんか、ビリビリきた。すんごい"気"。
元気玉がつくれそう、ココなら。
雰囲気が伊勢神宮にそっくり。
狭い分、気の横溢がコッテリしていました。

f0156951_2243086.jpg

↑本堂。
そして、本堂の奥にひっそりと・・
f0156951_22432992.jpg

「!!!!!」
いやいやいや。
これはヤバいでしょう。
これはヤバいでしょうに。
夜は来たくないなー。
「三つ鳥居」といって、なんかよう知らんけど、
日本人とユダヤ人 同祖説の学者はこの鳥居に言及するらしい。
へー。
全然わからんけど、ちょっと禍々しいものを感じながらも、美しい。
なんか、昔は栄えたであろう古代都市の残骸をみているよう。

f0156951_0371965.jpg

そして木漏れ日からスコーンと照射しとった太陽。
ビジョン・クリエイション・ニュー・サン?

・・Yちゃんと昔から使われている言葉の謂れを話してて。

Yちゃん:参道は産道?
オレ:じゃあ、鳥居はヴァギナ?(笑) 参拝者は精子?
Yちゃん:ガハハー
 
「みたまふり」はキンタマふり?
「大嘗祭」はフェラチオ・クンニ祭?
神話の皇族はセックス大好きやから、起源は本当にそうかも・・なんて。
   


その後、芸事の神社「車折神社(くるまざきじんじゃ)」「天龍寺」へ。
車折神社では桜が、天竜寺では有名な龍の天井絵と庭園が、
本当に素晴らしかった・・。

そして、京都最古の神社「松尾大社」へ。
f0156951_23342884.jpg

境内は何故かカメだらけ。
f0156951_23351895.jpg

f0156951_23401985.jpg

奥には「霊亀の滝」。
滝の近くには「亀の井」という霊泉もあって、ココも元気玉がつくれそうな
元気スポットでした。
なんか、「とめどない源」みたいな。
永遠に枯れない、って感じ。
ビリビリしました。

身近にこんなパワースポットがあったなんて。
同行してくださったYちゃんに感謝。

f0156951_23501985.jpg

最後、茶屋でいただいた甘酒。
おいしかったー。

最近、忙しい日々を過ごしてたんやけど、精神的な疲れがキレイに吹き飛びました。
ありがとうございました。
[PR]
by taishi_tomi | 2008-03-27 00:15 | 京都 Kyoto

ミーティング@象工場&かもがわカフェ

f0156951_22422575.jpg

f0156951_22424458.jpg

京都では、とんでもなく陽気な日が2日間程続いてたので、
鴨川でボ〜ッと。
ノートにタワ言のようなモノや、線を描き描き、
図書館で借りた本を眺めては閉じ。
2日間そうして、過ごしました。
もう白痴白痴。

何故かそれ以降、怒濤の忙しさに・・。
何やろう、何かが、リカバリされたのかしらん・・?



夏開催予定のグループ展ミーティング3回目。エレファントファクトリーカフェにて。
このグループ展は、今まで縁もゆかりもなかった作家達が、
グループ展を作家同士で企画する、という修行のような展示。

1回目では、お互い話し易い環境(下地)を何とかつくり、
2回目では、その下地に種(言葉やニュアンス)を植えてみた感じ。

今回の3回目では、そこからどんな芽が出そうなのかじっくり観察・・。
なんだか、やっぱり、着地点を見つけるのが難しい・・。
アイデアはいっぱい出るんやけど。
来月にはプレスを書かなきゃいけないんやけど、う〜ん、どうなるのかしら。



作家仲間から〆切直前に急遽教えていただいて、
きたる3/28から4/13まで かもがわカフェで行われる、
『ロンパース展』に出展いたします。
f0156951_8311172.jpg

これが、絵柄。
これをロンパース(幼児用ツナギ)に転写します。・・どうなるのかな?
販売もしていて(3800円)、計25名の画家や書家やデザイナーの1点ものの
ロンパが鑑賞・購入できます。
よろしければお越しください。

・・そして、夏のグループ展のミーティングの翌日、
ロンパ―ス展での軽作業と、初顔合わせ。
f0156951_927414.jpg

いやー、やっぱり繋がりますね、京都。
「ああ、あの人知ってるの?」
「ええ、夏のグループ展で一緒なんスよ」とか。
初対面やのに、友達を介して繋がっている事が多い多い。
[PR]
by taishi_tomi | 2008-03-22 09:31 | ミーティング meeting

ミーティング@バル

f0156951_0163156.jpg

f0156951_0165238.jpg

f0156951_0171219.jpg

チャリで移動中、視界の片隅にただならぬ空気を感じ取り、ふと見ると・・

「はい?」

前歯溶けてるみたいだが?
首にビスがとまってんねや。
ふうん、甲羅の上にカワイイ羽根が生えてんねんな。

どういう経緯で作られたのか知らないけれど、造形物としてスゴイ。
これが「美術」もしくは「アート」とは全く思わないけれど、
美術館にポイっと置いたら、他の美術作品は死ぬなー。
全滅やね。

ある人と喋っていたら、平気でこういう作品をどんどん出してくる作家が出てくるやろうなー
という話が出て。

とりあえず、こいつには負けない作品をつくらなきゃ(笑)。



3/8(土)、グループ展 2回目のミーティング。
出町柳のスペイン料理の出るバルにて。
f0156951_0173059.jpg
1回目のミーティングでは、ナゴみ過ぎたので、今回はビシッとやろう!
と意気込んでたんやけど、太陽が照ってて気持ち良かったので、
とりあえず、みんな ビールで乾杯(笑)
だいたいバルに入ったのがアカンかってんね・・。
あとは太陽のせいや。
とはいえ、だいぶ話し合いは進展(飛躍?)し、面白いミーティングになりました。



夕方はトランスポップギャラリーに安齋肇さんがいらっしゃってたので、
作品をみてもらいにギャラリーへ。
めちゃくちゃラッキーにも、深夜まで がっつり肇さんとお話しました。
ユルい雰囲気をまとってはるけど、どことなく厳しいものを感じ、
お話していて自分の中途半端さ加減に凹みましたが、
いっぱいいっぱい言葉にできない色んなモノをいただきました。
縁に感謝です。
[PR]
by taishi_tomi | 2008-03-11 01:13 | ミーティング meeting